突如、劉邦(りゅうほう)の実家を訪れた魏兵だと名乗る男、男は劉家の状態を知ると無理やり住みつこうとする。呂雉(りょち)は義兄夫婦と相談し男を追い出そうとするが、思わず殺してしまう。 項羽(こうう)の軍営では、秦軍の一部が食料を強奪しようとしていた。密偵の情報で事前にそれを知った司馬欣(しばきん)は章邯(しょうかん)に知らせるが、踏み込んできた季布(きふ)に捕らえられ、項羽の前に連れて行かれる。章邯は項羽に、わずかな数の秦兵の反乱であり大事にはならない、彼らの命を助けてくれと懇願する。項羽はそれを受け入れるが、そこに秦兵に襲われ深手を負った龍且(りゅうしょ)が飛び込んでくる。2000人規模の秦兵の反乱が起こっていると知った項羽は鍾離昧(しょうりばつ)に討伐を命じる。項羽は章邯に対し、もう一度、秦の将軍として自分と戦わないかと問いかけるが、章邯はもう自分には気力がないと答える。項羽は部下の諸将を集め今後について話し合った。20万人の秦兵のために食料が不足し、楚兵まで餓死しかねないことを危惧した項羽は秦兵を殺すことに決める。そして范増(はんぞう)の指示に従い、夜半、英布(えいふ)が突如、秦兵に襲いかかり全秦兵を谷底に追い落とした。項羽が20万人を惨殺したと知った虞姫(ぐき)は、愛情で項羽の憎悪を溶かそうと思っていたが結局は叶わなかったと無力感に打ちひしがれる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001