項羽(こうう)の奇襲を受け、命からがら逃げだした劉邦(りゅうほう)たちは、項軍の兵たちと出くわす。劉邦は丁公(ていこう)に追い詰められるが、以前、劉邦に命を助けられたことのある丁公は劉邦を見逃す。 魏豹(ぎほう)は薄姫(はくき)の機転で項軍の兵に変装して彭城(ほうじょう)を脱出し、陳余(ちんよ)は項羽に寝返って張耳(ちょうじ)の後を追う。張耳は項羽への投降を勧める部下を斬り捨て、韓信のもとへ向かおうとするが、韓信は自分の陣営に諸侯の兵が集まってきては収拾がつかないと盾で防御して陣営に入れないようにしていた。張耳は仕方なくエイ陽(えいよう)を目指す。 一方、子供たちとともに彭城を訪ねようとしていた呂雉(りょち)は、彭城から敗走する兵の波にもまれ混乱の中で子供たちとはぐれてしまう。はぐれた際に王陵(おうりょう)が子供のそばにいたことを知り安心した呂雉は、舅、嫺(かん)、審食其(しんいき)とともに豊邑(ほうゆう)へ戻り、食べ物を求めて曹氏(そうし)の店へ入り込む。呂雉と出くわした曹氏は冷たい態度をとり言い争いになるが、そこへ范増(はんぞう)の命令で劉邦を捜しにきた龍且(りゅうしょ)が訪ねてくる。呂雉たちは隠れ、曹氏は劉邦にもらった竜の紋章の腕輪がもとで捕えられるが、龍且から拷問を受けても何も言わなかった。呂雉はいたたまれなくなって龍且の前に姿を現してしまい、舅や曹氏、曹氏の息子、劉肥(りゅうひ)とともに捕らえられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001