韓信に敗れた陳余は、自分が逃げるために部下をむち打った。それに怒った趙国の兵たちは、陳余を殺害。趙王の趙歇も生け捕りにされ、趙国は滅亡した。韓信はかねてより尊敬していた李左車に、自陣に留まってくれるよう頼む。そのころ、劉邦は敖倉に貯蓄してある食料を頼りに、エイ陽に立てこもっていた。そこで項羽は、敖倉とエイ陽を結ぶ甬道を破壊して漢軍を攻める作戦に出る。楚軍と漢軍のこう着状態が続くが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001