恐怖の投稿動画10連発!呪死覚悟でまたまた解禁!!
注意!!! いくら覚悟があっても、死ぬときは死ぬ。

日常の映像が偶然捉えた「写るはずのないモノ」、「写ってはいけないモノ」の数々。それは霊界から我々に突き付けられた警告なのか?それとも呪いの前兆なのか?

収録エピソード
・睡眠
怖い夢を見た翌朝に体にアザができる事が続いた投稿者は、何が起こっているのかを知るため、寝ている自分をカメラに写すことにするのだが…。

・ホームビデオ
投稿者が公園で遊ぶ子供をホームビデオに収めようと撮影された映像。そこに映る黒い影…。そして、子供たちが誰かに襲われたと言う。

・ボウリング
投稿者から送られた、とある会社のボウリング大会の模様を収めた映像はレーンの上で蠢く何かを捉えてしまう。

・観覧車
若い恋人同士が休日で賑わう遊園地で楽しむ様子を、彼氏がホームビデで撮影した映像が投稿されてきた。2人が乗る観覧車はさながら密室である、にも関わらず…。

・ビル
投稿者の働き先があるビルでは幽霊が出ると言う噂が絶えない。心霊好きの投稿者は面白半分で幽霊を映像に撮ろうとするのだが…。

・車
高速道路をドライブ中に、助手席からホームビデオで撮影された映像が投稿されて来た。前方を走る車、そしてトンネル…。そこに映し出された映像には不可解なものが…。

・手料理
秘伝のカレーを調理している様子を撮影している若い女性の投稿者。身も心も温かくしてくれるはずの料理が、身も心も凍りつかせてしまう。

・フェリー
カーフェリーを利用して旅を楽しむ投稿者の映像。雄大な大海原の風景を収めたカメラがデッキ上にいるはずのない異様なモノを捉えてしまう。

・通信
ビデオチャットを楽しむ遠距離恋愛のカップル。お互い、映像を記録していたのだが、別々の映像に同じ形容の不可思議なものが映り込んでしまう。

・病院
取り壊しが決まった病院に深夜、秘かに忍び込み誰もいない内部を撮影した投稿映像。よく見るとそこに映り込むはずのない不気味な影が…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001