ヨンジは産んだ赤子をトンニュンに託し、スリョンゲは自分の産んだ赤子をヨンジに育てさせる。月日は流れ、イ・ソンゲは高麗の武将として活躍。スリョンゲの子ジョングンはヨンジを母として成長し、書雲観(ソウングァン)の学生になっていた。一方、ヨンジの子チサンは悪党のジョンデに頼まれて、密輸品の羅針盤を運ぶ途中で、パニャという少女に出会う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001