救急患者が運び込まれるも外科の医師が誰もつかまらず、緊急事態にミヌはインヒョクを呼んでしまう。手術禁止の通達を受けているインヒョクだが、クビを覚悟で自分が執刀すると言い出す。ミヌとジェインが助手に入り、手術は無事に終えるが、インヒョクは懲戒委員会にかけられることに。ミヌは責任を感じるが、インヒョクは手術ができないのならと辞表を提出する。そんな中、腹痛を訴える患者がガラの悪い男に連れられてやってくる…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001