大統領も容体を気にする中、パクは足を切断しなければならない状況に。だが、切断すべきではないと考えるミヌの意見を聞いた理事長は、医学的根拠を揃えてインヒョクを説得するよう話す。その言葉を受け、各科の先輩の意見を聞きながら、パクの足を切断せずにすむ方法を考えるミヌ。そんな中、銃創患者の緊急手術が行われることになる。インヒョクはミヌに開腹を任せ、インヒョクの指示のもと、ミヌは初めて患者の体にメスを入れる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001