キュヒョンの手術に助手として立ち会ったシオンは神経を傷つけずにすむ方法が浮かび、それを提案する。手術は無事成功し、キュヒョンは再び歌えることに。そしてドハンはシオンをレジデントとして正式に認め、小児外科に残すことを決める。そんな中、産婦人科の教授からある妊婦の手術について相談を受けるドハン。胎児に腫瘍があり手術が必要だが、姑の反対を受け悩んでいた妊婦は、シオンに励まされ手術を決めるのだが・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001