小さな児童ミュージカル劇団の音楽監督で、虚栄心の塊のような男ユ・イルハン(キム・レウォン)は、偶然に超大作ミュージカル「朝鮮の王」音楽監督の最終候補5人の中に選ばれる。オーディション番組の企画で、姿を見ずに歌声だけで主演候補の少年を選びペアで戦うことが決められ、イルハンは天使の様な歌声のヨングァン(チ・デハン)を選ぶが、対面してみると、ヨングァンは歌以外は全くの素人でダンスの経験もなく、フィリピン人の母親ゆずりの褐色の肌をした少年だった。外見から番組の話題作りになるとキャスティングされたヨングァンと、実力も知名度もないから本命の監督を優勝させるのに好都合だと選ばれたイルハン。早々に敗退するだろうという周囲の予想に反して、血のにじむ努力でダンスを練習し、素晴らしいステージを披露したヨングァンとイルハンのペアは視聴者の心をつかみオーディションを勝ち進んでゆく。しかし、いよいよ決勝という時になって、ヨングァンを優勝させたくない制作サイドから圧力がかかり―

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001