ジョンが作った器は宣祖を満足させることができ、無事に父ウルタムを窮地から救う。片や光海君はウルタムを分院に呼び寄せることをガンチョンに告げる。おもしろくないガンチョンは、すぐさま手下のマプンにウルタムの暗殺を指示。マプンは窯の前でウルタムの息の根を止めるが、追いかけてきたテドに腕を切られ傷を負ってしまう。目の前で突然父を殺されたジョンは心に深い傷を負うが、父が朝鮮一の沙器匠だと証明し、父を侮辱したガンチョンに謝罪させるため、自らが朝鮮一の沙器匠になることを決意する。テドに自分は川に飛び降りて死んだことにしてほしいと頼み、5年後に必ず戻ってくると約束する。一方、光海君はジョンが死んだという知らせを聞いて大きな衝撃を受ける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001