器をソン行首の商団に持ち込んだ臨海君は、明の使臣が器に目がないと聞いて直接自分で持ち込み、取り入ろうとするが、使臣が王に伝えたことでこれが発覚する。臨海君は仁嬪にそそのかされた通り、光海君の謀略だと宣祖に訴えるが、仁嬪の裏切りに遭い、光海君共々処罰を待つ身となる。光海君が濡れ衣を着せられていると知ったジョンは、何とか無実を証明しようとするが、ガンチョンの協力を得られない。それならば自分で行くしかないと、テドに協力を仰ぐ。ジョンの身を案じたテドは商団のファリョンに助けを求めてジョンをかくまってもらうが、ジョンはファリョンの目を盗んで商団を抜け出す。王宮の門前に着いたジョンの背後にはガンチョンの刺客マプンが迫っていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001