光海君は自分の器を作りたいと、ジョンにユクトと一緒に世話をさせる。光海君は一緒にいる時間を作ることでジョンに正体を明かさせるための機会を与えようとしていたのだ。ついに器が完成するが、それでも正体を明かさないジョンにしびれを切らした光海君は、「ジョン」と名を呼びながら、ジョンが幼い頃に初めて作った器を差し出すのだった。ジョンは器を手に取り、密かに涙を流す。王宮では宣祖が世子冊封を急かす仁嬪をけん制するため、臨海君に大役を任せると言い出す。一方、ガンチョンは分院の人々に自分とウルタムの茶器を見せ、どちらが王室にふさわしいかを問う。ジョンはウルタムの器を破棄しろと命じられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001