光海君はジョンを必死に捜し回り、山寺にいることが分かり駆けつけると、そこには手探りで歩くジョンの姿があった。ジョンは熱を浴びた衝撃で目が見えなくなってしまったのだ。ジョンは光海君に分院に戻って器を作りたいと訴える。連れて帰ろうとする光海君だが、テドはそれを制止する。サスンは、自分も昔目が見えなくなったことがあると打ち明け、もう一度挑戦してみようとジョンを励まし分院に連れて戻る。ガンチョンは、ジョンの代わりに仁嬪の花瓶を作るようユクトに命じる。だが、ジョンは諦めずグッピを始めとする分院の人々の手助けを得ながら花瓶を作る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001