役目を果たしたジョンは分院を去ろうとするが、テドからウルタムを殺したのはマプンであり、その黒幕はガンチョンだと知らされる。一度は沙器匠を目指すことをあきらめたジョンだったが、分院に残ることを決意。テドは危険だと反対するが、ジョンはガンチョンに郎庁の座から引きずり下ろすと宣戦布告する。そんな中、宣祖のお気に入りの壺の蓋が割れてしまい、ユクトとジョンは蓋作りで勝負をすることに。ユクトは「成功したらお前を沙器匠にしてやる」とジョンに言ってしまい、ガンチョンを驚かせるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001