やがて湯薬の器が完成し、ジョンとユクトは緊張した面持ちで信城君の選択を待つ。ジョンの器では何ともなかったが、ユクトの器を使って湯薬を飲んだ信城君が突然苦しみだす。原因は干潟の土を使ったユクトの器にあるとしてユクトは投獄されてしまう。海産物にアレルギーにある信城君を苦しませたユクトに、仁嬪は怒りが収まらず直ちに首をはねることを要求する。ガンチョンは息子を救うために奔走するが、元々はジョンが使うはずだった釉薬をユクトが横取りしたことを知る。手を尽くしても息子を救えないと観念したガンチョンは、ジョンに土下座する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001