分院に「明への献上磁器を作れ」という王命が下る。光海君が手柄を立てることを恐れた仁嬪と臨海君は、ガンチョンを使って磁器作りを邪魔しようと画策する。そんな中、絵付けの顔料が底を尽き、サスンはファリョンの商団と取引をする。ジョンは納品された顔料を試して不良品であることを見抜き、サスンは危機を免れる。これに腹を立てたガンチョンは、ついにジョンを殺せとマプンに命じる。ウルタムの墓におびき寄せられたマプンはテドによって捕らえられる。マプンの自白が得られればガンチョンの罪を問うことができるため、光海君は自らマプンの尋問に臨むが、マプンは頑として口を割らず、ジョンに会わせろとただ訴えるだけだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001