マクシム・マリアンスキーは、まだ見つからない。フィレンツェで同様の誘拐事件の調査をするエヴァ・ヴィットーリアは何かがおかしいことに気づく。エヴァはまた、イタリア警察にいた時のパートナーとも対峙。その人物はセバスチャンのキャリアを脅かしかねない秘密を握っていた。一方、カンヌでは、ヒックマンとアンヌ=マリーがマクシムの父親の財務記録を調べ、事件に裏があることに気づく。集めた証拠からこの犯罪の真の黒幕を明らかにできるかどうかは、ヒックマンの肩にかかっている。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001