北平(ほくへい)府に到着した秦瓊(しんけい)は、張公瑾(ちょうこうきん)、杜文忠(とぶんちゅう)、白顕道(はくけんどう)たちと会い、北平(ほくへい)王・羅芸(らげい)が審問の際に課す百たたきを免れようと策を練った。杜文忠は義兄弟である北平王の息子・羅成(らせい)に相談し、羅成は母親の王妃に力添えを頼んだ。審問の日、秦瓊は病人を装い、百たたきを免れるのだが・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001