病身の文(ぶん)帝は皇太子・楊広(ようこう)に政務を託し、高?(こうけい)と楊素(ようそ)に補佐を命じた。秦瓊(しんけい)は長安への道中、自害を図ろうとしていた男に会う。男は靠山(こうさん)王の命令で祝いの品を届けるはずが、盗賊に奪われたと言うのだが・・・。李淵(りえん)は息子、李元霸(りげんは)のことで頭を痛めていた。李元霸は今日も大暴れして・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001