宇文成都(うぶんせいと)は叔父を秦瓊(しんけい)たちに殺されたと知り彼らを追う。秦瓊が逃げ込んだ先は偶然にも叔父・邱瑞(きゅうずい)の屋敷だった・・・。高?(こうけい)と玉郡主(ぎょくぐんしゅ)は詔(みことのり)を手に楊勇(ようゆう)を助けに向かうが、楊素(ようそ)に追われ、高?は捕らわれ、詔も奪われてしまう。楊広(ようこう)は文(ぶん)帝を自らの手で殺め、即位した。その死を追及した伍建章(ごけんしょう)は・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001