伍雲召(ごうんしょう)討伐の軍の元帥となった羅芸(らげい)は、雲召を逃がすためわざとゆっくり進軍した。宇文化及(うぶんかきゅう)から伍雲召を殺せと命じられた麻叔謀(ましゅくぼう)は、しびれを切らし、先に南陽へ乗り込み伍雲召と戦うが敗れる。南陽に着いた羅芸は伍雲召と戦う振りをしながら逃亡を促すが、そこに援軍として宇文成都(うぶんせいと)がやって来る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001