瓦崗軍(がこうぐん)は楊林(ようりん)から、銅旗陣を破りに来いという挑戦状を受ける。反隋の王たちも同じ挑戦を受け、紫金山(しきんざん)に集まる。銅旗陣に参加することを命じられた羅芸(らげい)は瓦崗軍を訪ね、楊広(ようこう)の策の恐ろしさを説き、撤退を勧めるが、瓦崗軍の決意を知り、息子の羅成(らせい)を銅旗陣に送り込み、陣の図を入手させることを決心する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001