宇文化及(うぶんかきゅう)は北平に戻る羅芸(らげい)を討ち、北平王府を襲うと、王妃と羅松(らしょう)を殺して兵符を奪い、羅成(らせい)を捕らえた。漁夫の利を狙い、戦いを静観していた竇建徳(とうけんとく)は、銅旗陣が破られたと知り、娘の竇線娘(とうせんじょう)と共に揚州へ向かう。その途中で羅成を護送する宇文化及の軍を見つけた竇建徳(とうけんとく)は・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001