あなただけの〈特別な〉一着、仕立てます。神戸の街を見下ろす坂の上に、その店はあった。「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。店主の南市江が仕立てる服は、いつも人気。すべて昔ながらの職人スタイルを貫く手作りの一点ものだ。神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで"頑固じじい"のような彼女は、全く興味を示さない。市江の手がけるのは、祖母で一代目が作った服の仕立直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ。「世界で1着だけの、一生もの」――それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い理由だった。だが、南洋裁店に通い詰めた藤井だけは、市江の秘めた想いに気付いていた。やがて、彼の言葉に、市江の心は初めて揺れ動く――。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001