東南アジアルートの密輸拳銃を使用した凶悪事件がたてつづけに発生した。事件一つ一つの犯人に関連性がないことから、大門は、国内で拳銃を売りさばいている組織があると判断し、その究明に全力をあげるよう部下に指示した。一方、木暮は、この事件から、五年前に起こった拳銃密輸事件に思いをはせていた。
ゲスト
中庸助
土山登士幸

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001