沖田の体は刻一刻と病魔に侵されていった。自覚症状が強くなっていく中、銀行強盗事件が起き、逮捕には成功するものの沖田の病状は大門、そして木暮も知るところとなる。あと数日の命だと悟った二人は、沖田の命ある内にこの事件解決をさせたいと願う。事件に使われたAK-47突撃銃=カラシニコフは、犯人たちがトラックから盗んだものだと判り、その残りの銃を積んだトラックを追う捜査が始まった。鳩村の情報屋から銀竜興業が銃の取引を行おうとしていることが判明し、現場を押さえようとするが、突然沖田が動けなくなり犯人の逃走を許してしまう。果たして沖田の命が尽きるまでに事件は解決できるのか!?
ゲスト
宮川洋一
中庸助
檀喧太

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001