殺人事件の現場で、山県は港南署時代の同僚である寺光祐司(目黒)と偶然再会。被害者は安井五郎(若尾)というチンピラだったが、目撃者の証言から犯人は寺光である可能性が浮上し、山県は古巣の港南署に向かった。ところが寺光は既に刑事を辞めており、さらに4日前に妻が自殺したらしい。山県は寺光の自宅を訪ねるが、そこに掛かってきた電話の主は寺光で、犯行を認めた上、これからも殺しを続けると宣言する。山県は港南署の奥村刑事(美木)から寺光が武器密売組織を追っていた事実を聞かされる。妻の由起子(堀江)は組織の元運び屋で、寺光は妻の敵討ちを行っていたのだ。山県は親友の凶行を止められるか?
ゲスト
目黒祐樹
佐伯徹
姿鐵太郎
美木良介

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001