東洋デパートの課長が射殺体で発見され、凶器の銃は一年前に長野県警の派出所から奪われた二挺の拳銃のうちの一挺だと判明。盗んだ犯人は三沢幸司(森)という男だった。捜査協力で長野県警から権藤庄一(花沢)という老刑事が西部署に派遣されてきたが、迎えに出た平尾に捜査はひとりですると告げ、取り付く島がない。だが献身的な平尾に、次第に頑固な態度が軟化していく。三沢の女だった久保加代子(野平)を見張り続ける平尾と権藤だったが、その途中で権藤は定年退職の時を迎えてしまう。老刑事の無念を知った平尾は大門に権藤の定年を伸ばすように懇願するが、大門は権藤のある決意を読み取っていた。
ゲスト
花沢徳衛
野平ゆき
森大河

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001