メーガンの両親がニューヨークに訪ねてくる。とりわけメーガンの父に気に入られていないことをドンは気にしており、メーガンはドンを擁護する。ハインツは、スターリング・クーパー・ドレイパー・プライスとの契約を切ろうとしていたが、ディナーの席でメーガンは自分が考えたコピーをクライアントに語り、気に入られる。ペギーは恋人エイブから同棲しないかと提案され、受け入れるが、ペギーの母は「彼はあなたを結婚の練習台にしているだけだ」と不快感を示し、反対する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001