新型シボレーの広告案をめぐり、ドンやテッドはGM社に振り回されていた。締め切りに間に合わせるため、ジム・カトラーはクリエイティブのスタッフに刺激剤の投与を提案。謎の注射を打たれた社員たちは興奮状態に陥るものの、彼らが吐き出すアイデアは素面の人間には下らないものばかり。ドンは売春宿で過ごした青春時代の思い出に浸ることになる。ドンが仕事に忙殺されているあいだ、留守番をしていた娘のサリーが空き巣と遭遇することになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001