マルノは、江戸に出て商売をしようと考えていたが、近々江戸に朝鮮通信使が来ると聞いたファイは自分も行くと言い出す。しかし、女は通行証がないと江戸へ入れない。万が一、関所で男装がバレたら、即座に処刑となってしまう。江戸に行けば朝鮮に帰れるかもしれないという希望を持つファイは、結局マルノたちと江戸へ旅立つ。通信使として江戸に到着したジュウォンは、早速硫黄職人を調べさせる。仲立ちをする男と会うため酒場で待っていたジュウォンだが、約束をした男は現れずゴロツキに絡まれてしまう。しかし、ちょうど店に居合わせたファイの助けで難を逃れる。ジュウォンが朝鮮通信使だと知ったファイは、彼に名前を尋ねるのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001