火器都監から逃げたファイは、都で唯一頼れるイヌに協力を求める。他にも硫黄長のヨンブと煙硝長のボンスにも力を貸してほしいと頼みに行く。封鎖中の火器都監に侵入したファイは、有毒な煙が出た原因を突き止めるが、無実を証明することができないと知り、焦りを感じる。しかし、完全には諦めていなかった。父のホン・ヨンにより、ジュウォンは厳しい拷問にかけられるが、火器都監を守るため、光海君に自分を処刑してほしいと告げる。光海君はやむなくジュウォンを斬首刑に処すと宣言するが、そこにファイが現れ、光海君は自分の存在を知っていたと明かす。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001