光海君の前に女の姿で現れたファイは、母を救うため、正体を明かし、取引を持ちかける。母まで殺されたくないという貞明公主の告白に衝撃を受ける光海君だが、ジュウォンに貞明公主をかくまうよう命じる。そんな中、収儀が開かれ、光海君を陥れようとするホ・ギュンは、仁穆大妃を死罪にするよう主張するが、光海君は死罪にも廃位にもしないと宣言する。ジュウォンの屋敷にかくまわれた貞明公主は、ついに母との再会を果たす。だが、仁穆大妃は光海君を信用してはならないと言いながら、予言を知るイチョムとゲシからも逃げるよう忠告する。そんな中、ジュソンはホ・ギュンと貞明公主を始末するため、ジュウォンの屋敷に刺客を送り込むのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001