光海君は、またしても貞明公主の毒殺を企てたゲシを捕らえ、王宮から追放する。一方、貞明公主は自分が命を狙われる理由を光海君に尋ねると、予言のせいだという事実を知り驚く。また、祭祀の場で貞明公主が生きていることを皆に公表するという意向を聞かされ、さらに戸惑う。同じ頃ジュソンは、手下の報告でファイが貞明公主だと知る。またイヌが貞明公主に好意を寄せていると知り、息子を使って光海君を仕留めることを目論む。片や仁穆大妃は、ホン・ヨンに協力を求めて、貞明公主を都から逃がそうとしていた。貞明公主は都を去るか残るか迷っていたが、ジャギョンに自分自身を信じろと言われて決心がつく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001