ドンウクの死から2ヶ月後、スンジョンは気丈に振る舞っていた。主治医も驚くほど快復したミノは、いつも夢に現れる髪留めをつけた女性が気になっていた。ほかにも自分の心の変化に戸惑うミノだったが、スンジョンには暴言を吐いて「少しも変わらない」と非難されてしまう。退院したミノは、ジュニがゴールド社のスパイで、ヘルミアの代表になると聞かされて、派遣理事となってスンジョンを秘書に指名する。友人のナ刑事の家で過ごしていたスンジョンが久々に家に戻ってくると、ミノが待っていた。彼はスンジョンの髪留めを目にして驚いて…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001