独自にドンウクの事件を調べ始めたミノは、ナ刑事から原材料事件について聞くと、ジュニを訪ねて「黒幕はおまえだろう」と詰問するが一蹴される。その頃、ジュニの父は意識を回復したヨンベを病室に訪ね「絶対口を割るな」と、真相を伏せるよう言い、ドンウクをはねたのは自分だと遺書を残して命を絶つ。ジュニの父が犯人として事件は処理され、ミノは納得がいかない。スンジョンはジュニに「もう友人ではいられない」と告げ、ミノに慰められる。間もなく、新製品開発に向けてミノたちの奔走が始まるが、ジュニが裏で妨害していることを知る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001