ジュニから、ミノにドンウクの心臓が移植され、それを彼も知っていると聞かされたスンジョンは取り乱す。悩んだ末に辞表を出し、事情がわからないミノに引き止められるが頑として聞かない。ジュニはヨンベから再び脅されて、ミノからも警告を受けるが証拠はないとうそぶく。ミノはナ刑事に心臓移植の話を明かし、ヨンベが鍵を握っていると教える。ジュニはミノを背任罪で告発し、在庫を抱えさせ倒産に追い込もうとするが、ミノはすでに手を打っていた。やけになったジュニはスンジョンの送別会に現れ、ドンウクの父にドナーの話を明かしてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001