許氏に懐妊の事実はないと侍医に判断させた公明は、王莽の前途を断つための策を講じる。恩師を通じて、王莽には漢王朝を倒す野心があることを淳于長に密告したのだ。王莽に対抗心を抱いていた淳于長は、王一族の長老にこれを報告、王莽は母親と共に王一族から追放されてしまう。すべてを終えた公明は、別れを告げるため王莽を呼び出すが、現れたのは王莽ではなく子修だった。揉み合ううちに現代にタイムスリップしてしまう2人だったが、そこへ湘湘が偶然通りかかり…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001