現代に戻った公明は、湘湘とやり直すべく広告撮影の現場に乗り込み、湘湘に心のこもった愛の告白をする。“君を失えば生きていけない”という公明の言葉に感動した湘湘は、公明の胸に飛び込むのだった。一方、王一族から追放された王莽だったが、追い討ちをかけるかのように母親が死んでしまう。王莽の母の死を知った影月は、王莽のために母親の葬儀を執り行ってやる。王莽は影月に、自分と一緒に生きてほしいと告白するのだった。そんな折、公明は湘湘のドラマの出演者から、王莽が一族の放つ刺客から殺されてしまうことを知る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001