浦賀水道の一番狭い海域で釣れる真鯛をテーマに釣行した作品です。特に江戸時代には幕府の台所として殿様に献上した鯛として有名になったものです。その海で「しゃくり釣り名人」と呼ばれる「豊国丸」の川島船長をカメラは追いかけました。「しゃくり漁法」はエビを餌にした、海にやさしい漁法で、オキアミなどのまき餌を一切しません。その漁法で海を環境から守り、代々の海へと返すのです。今、浦賀水道などの近海、漁業組合はこの環境問題に非常に強く取り組んでおり、近い将来はまき餌なしの純然たる釣りを楽しめるように取り組んでいます。きれいな赤いラインが美しい「千葉:竹岡の真鯛」を見て、是非、「しゃくり漁法」をやってみようと思う方は、これをご覧いただき、「千葉:竹岡」に釣りに行ってください。また、昔ながらの「しゃくり漁法」は鯛との習性の戦いです。腕自慢の貴方と真鯛の勝負はどちらに軍配が上がるでしょうか。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001