見放題で視聴


ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

アンダーステア

これまでにない、新感覚クルマプログラム

2012年11月30日 配信開始

お得なまとめ買い

第1話~第26話

945ポイント 購入する
30%
OFF

第1話~第26話

1,350ポイント 945ポイント 30%OFF 30日間
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 第11話
  • 第12話
  • 第13話
  • 第14話
  • 第15話
  • 第16話
  • 第17話
  • 第18話
  • 第19話
  • 第20話
  • 第21話
  • 第22話
  • 第23話
  • 第24話
  • 第25話
  • 第26話

第1話~第6話

216ポイント 購入する
20%
OFF

第1話~第6話

270ポイント 216ポイント 20%OFF 7日間
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第6話

第7話~第11話

216ポイント 購入する
20%
OFF

第7話~第11話

270ポイント 216ポイント 20%OFF 7日間
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 第11話

第12話~第16話

216ポイント 購入する
20%
OFF

第12話~第16話

270ポイント 216ポイント 20%OFF 7日間
  • 第12話
  • 第13話
  • 第14話
  • 第15話
  • 第16話

第17話~第21話

216ポイント 購入する
20%
OFF

第17話~第21話

270ポイント 216ポイント 20%OFF 7日間
  • 第17話
  • 第18話
  • 第19話
  • 第20話
  • 第21話

第22話~第26話

216ポイント 購入する
20%
OFF

第22話~第26話

270ポイント 216ポイント 20%OFF 7日間
  • 第22話
  • 第23話
  • 第24話
  • 第25話
  • 第26話

各話一覧

並び順

第1話

54ポイント 購入する

第1話

54ポイント 2日間 19:00

走りの楽しさが環境に反比例するなんて……誰が決めた。 日本が世界に誇る新世代スーパーカー。日産GT-R。 初代は1969年スカイラインGT-Rとして誕生。 第2世代を経て、遂に第3世代へと進化した伝統の血脈。 2009年モデルから、最高出力・485馬力にパワーアップ、その音色は、ネーミング以上に魅惑的な響きを持っている

詳細

第2話

54ポイント 購入する

第2話

54ポイント 2日間 19:00

比較されるために生まれてきたんじゃない、2台のサラブレッド。でも………比べずには、いられないんだ。 敢然として主張するポルシェの誇り。 3.6リッターV6エンジンは最高出力290馬力。 一方、フォルクスワーゲン初の高級SUV。3.6リッターV6エンジンは最高出力280馬力。 威風堂々、一方から受け継いだのは、誇り高き走り。 そして一方からは質実剛健。 混在する二つの伝統。 そこに何があるというのか。

詳細

第3話

54ポイント 購入する

第3話

54ポイント 2日間 19:00

闘うのは、もう飽きた。そろそろ優雅に踊ろうじゃないか。いい大人なんだからさ。 大人になんか、まだなりたくないんだ。ふんぞり返るのには、まだ早い。 本物かどうかは、俺が決める。 最善か、無か。大命題として掲げられたその言葉。秘められているのは、揺るぎなき自信。メルセデスの本流。ニューEクラス。 7年振りのフルモデルチェンジでライト形状が変更。新世代のプロポーションを与えられて尚、伝統の造形美を受け継ぐプレミアムセダン。 このE350アバンギャルドは、最高出力272馬力のV6エンジンと7速オートマチックの組み合わせ。安全装備の充実ぶりも、まさにメルセデス。 日本上陸以来、絶賛され続ける新型Eクラス。メルセデスの神話は、一体どこまでいくのか。 クリア

詳細

第4話

54ポイント 購入する

第4話

54ポイント 2日間 19:00

この20年間、僕らにオープンエアモータリングをありがとう。 誰にだってある青春の記憶。今こそ呼び起こそう。無邪気だったあの頃に、この車となら、きっと戻れる。 初代ユーノス・ロードスター誕生から20年。累計生産台数は全世界で80万台を突破。自動車史上、最も売れた2人乗りオープンスポーツカーである。 しかしだからと言って、ロードスターが日本の街に溢れている訳ではない。 小型軽量で愉しい車は、今の時代にこそ適しているはずなのに。…果たして、ロードスターの存在意義とは。 風を切って走れば、いいわけじゃない。20年の時をかけ、洗練された走り。だがそこに、あの熱き血は、流れているのか。 夜の帳に包まれ、色褪せる現実。変りに鮮明になるのは懐かしき雄姿。今も心を高ぶらせてくれるか。

詳細

第6話

54ポイント 購入する

第6話

54ポイント 2日間 19:00

憧れるのになぜ、日本でフランス車は売れないんだ? 奇妙奇天烈、摩訶不思議。 今日の俺は、フランス車を愛す。 シトロエンC6、2・7リッター。 ディーゼルターボは、正規ではまだ日本未導入。 ディーゼルはヨーロッパでは主流なのに。 貸してくれたジャベルのオーナー、有難う。 今回俺がやってきたのは車山高原、日本最大のフランス車の祭典。 その名も「フレンチブルーミーティング」。 自動車のオーナー集会は幾つもあるが、フランス車なら何でもOKという変わったイベント。 もう20年以上も続いているそうだが …おいおい、なんだこの数! 東京モーターショーより多いんじゃねえか? クリア 単なる優等生なんて、思われたくない。 だからと言って、ドロップアウトした奴らにも負けたくない。 …そういうもんだろ、男って奴は。 傾いていく太陽。 それは次なる朝への序章。 移ろいゆくこの時代に、お前はなぜ産み落とされた。 GTI。 大衆車を変革した、その歴史的称号は今の時代に、一体何をもたらすというのか。 2009年インポートカーオブザイヤーを受賞した、6代目ゴルフのホットハッチ。 2リッター直4ターボは最高出力211馬力。 定評の高い6速DSGとの組み合わせで価格は366万円。 そのコストパフォーマンスたるや、恐るべし。 クリア

詳細

第7話

54ポイント 購入する

第7話

54ポイント 2日間 19:00

弱者と強者。 それは、天が定めた不文律。 だが時に、弱者が強者に勝つ事もある。 本当の強さって、一体何だ? カレラ。それはスペイン語でレース。 即ち闘う事が、こいつの本分。 2008年のマイナーチェンジで、ツーペダルの7速PDKを搭載。 エンジンも伝統のフラット6が直噴へと 進化した911。 46年に亘り、 切れ間なく生産される稀有なモデル。 それはある意味不変。 しかしある意味では、変化し続けた 苦闘の歴史を意味している。 この世に不変のものなどない。 それを証明するのが、911だ。 しかし心には変わらぬ憧憬がある。 それを証明するのも、911だ。 覚えているだろうか。 初めて見た時の記憶。 変なカタチだと思った。 でも、忘れられなかった。 ポルシェというメーカーを知った。 911という車名を覚えた。 いつか…乗りたいと思った。 そのいつかって、一体いつなんだい? 夢のまま、また終わらせてしまうのかい? 人生には、 手に入れられる夢だってあるのに。

詳細

第8話

54ポイント 購入する

第8話

54ポイント 2日間 19:00

この世は常に、二通りに大別される。 成功と失敗。(…勝者と敗者) その歓びを、(…人生を) 知っている者と知らない者。 (…飛べる者と飛べない者) さぁ。 君はどっちだ? 飛行機を源流とするスバル。 「地上の翼」は、遂にここまできた。 インプレッサ、WRX STI。 最強モデル、スペックCは マニア垂涎、900台の限定車である。

詳細

第9話

54ポイント 購入する

第9話

54ポイント 2日間 19:00

どれほど厚い雲に覆われても、 本物の輝きが 消えうせる事などありはしない。 例え大地が覆われても、 逞しき命は芽吹く。 そういう強さを、 ずっと待っていたんだ。 このクルマを、今操るということ。 それはもしかしたら、 歴史的な事なのかもしれない。 だって読んだ事しかなかった 自動車史の1ページに 自分が加わる事に、なるのだから。 1950年代から60年代にかけて 数多の栄光を手にしたアバルト。 その伝説のエンブレムが、 いよいよ完全復活。 小さなボディに、凄まじき運動性能、 ヨーロッパで絶賛される1台。 蘇ったサソリの毒は、 一体、どんな味だ? クリア

詳細

第10話

54ポイント 購入する

第10話

54ポイント 2日間 19:00

40年もの時をかけ、 6代目に突入した、偉大なる血脈。 その時空を遡れば、 やはりこの雄姿に辿りつく。 フェアレディ240Z-G。 これが伝説の「Gノーズ」。 フェアレディZ。 それは最初から特別だった。 スポーツカーと言えば高価な外国車。 そんな概念を一掃し、 スタイリッシュで高性能、それでいて低価格。 かつてプアマンズ・ポルシェと揶揄された 事も、今となっては勲章である。 そして2009年秋、いよいよ6代目に 待望のオープンボディが登場。 ソフトトップはボタン一つで開閉。 300馬力越えのV6エンジンを搭載し ているにも関わらず、 価格は430万円台から。 やはり驚くべきはZの遺伝子。 誰かが云った。 スポーツカーは生き方であると。 クルマが単に移動手段であるならば、 そこに快適さ以外を求める必要はない。 しかし生き方だとするならば… そこには紛れもなく、歓びがある。 40年の時を経て、 融合する二つの命。 時空を超えたランデブーに、 今、酔いしれろ。 スポーツカーに乗るという事。 中でもZを選ぶという事。 それは日本人の夢を背負う事。 アメリカに負けたくない。 ヨーロッパを凌駕したい。 そんな想いが、ここに凝縮されている それこそが、Zという遺伝子。

詳細

第11話

54ポイント 購入する

第11話

54ポイント 2日間 19:00

それは、時代の狭間の怪物か。 怪物なのは、時代の方ではないのか。 円高、不況、クルマ離れ。 もはや自動車業界は、荒れ果てた原野。 全てをなぎ倒さんとす かつてなき逆風に、 夢の果実が 次々、もぎ取られていく。 …そんな時代だからこそ 今再び、夢を語ろう。 レクサスのスポーツモデルを意味する、 「F」を、初めて冠したIS F。 負の時代に生まれたFの血統は クルマへの夢を、蘇らせる救世主か。 それとも繁栄し過ぎた自動車史の、 巨大な墓碑銘なのか。 デザインはあくまで紳士的。 力強さを主張しすぎないのが、 特徴とも言えるIS F。 だが、心臓部の凶暴さは、まさに桁外れ。 5リットルV8ユニットは、 なんと423馬力。 トヨタが送り出したFのエンブレム。 そこに先は、あるのか。

詳細

第12話

54ポイント 購入する

第12話

54ポイント 2日間 19:00

流れ続ける「時」の真理。 今という時間は過去になり続け、 未来はすぐ「今」になる。 ならば今ってなんだ? 過去と未来と現在と… その境界線に、コイツは存在する。 ランボルギーニ カウンタック LP400。 つまり、これが、スーパーカーだ。 猛牛ランボルギーニの代表作LP400は、 1974年発売開始。 ガンディーニによるスタイリングは、 36年もの時を経た今尚、先進。 クルマへの夢が ここに凝縮されている。 搭載されたテクノロジーは、 今となっては歴史の語り部。 このクルマには紛れもなく、 過去と未来が混在する。

詳細

第13話

54ポイント 購入する

第13話

54ポイント 2日間 19:00

鋼鉄のケージに囲まれた アスファルトのアリーナは、 現代に蘇った、古のコロッセウム。 そこに今解き放たれる、 最強の、ファイティングブル。 響き渡る猛き咆哮。 さぁ、思う存分、暴れるがいい。 2009年に発売された250台限定 モデルは、 現在のランボルギーニで唯一の後輪駆動。 ベビー・ランボルギーニの系統を受け継ぐ 心臓部には550馬力を発生する V10エンジンが搭載される。 ちなみにバレンティーノ・バルボーニとは、 あの名車ミウラの時代から現在まで、 ランボルギーニの開発に携わってきた 伝説のテストドライバー。 この限定モデルには、彼の理想が、 細部にまで貫かれているという。 大地を震撼させる、 獰猛なファイティングブル。 我らがマタドールはどう乗りこなすのか。 そのお手並み、拝見。 力と技がぶつかり合う、 まさにノーガードの果たし合い。 勝つのはマタドールか、それともブルか。 遂に決着した名勝負…果たして、判定は。

詳細

第14話

54ポイント 購入する

第14話

54ポイント 2日間 19:00

どこか霞がかった今の世の中。 でも嘆いていても仕方ない。 熱くなれるものを探そうよ。 ドキドキするもの、見つけようよ。 F1もWRCも… 日本もヨーロッパも。 クルマ業界は、もう大変。 スタンドで熱狂したあの頃が、 懐かしい、なんて言うなよ。 今だって 熱狂すればいいじゃないか。 2009年、 2010台限定で日本に導入された シビック タイプR ユーロ。 NSXを起源とするタイプRの称号が 日本からヨーロッパへ渡り、 そしてヨーロッパの思想を乗せて 日本へ帰ってきた。 シビックの名を冠してはいるが、 日本のシビックとは全く異なる。 それは乗用車の終わりと レーシングカーの始まりに 位置する希有な存在 近年のホンダスピリットを 具現化したものだが そこに本来のホンダイズムはあるのか?

詳細

第15話

54ポイント 購入する

第15話

54ポイント 2日間 19:00

流れゆく時の中で 磨き抜いてきたのは、 あらゆる状況下での、 絶対的な、走り! ポテンシャルの全てを路面に… ただその為だけに。 ランサーエボリューションX 1992年から受け継がれるランエボの 進化系は、オールアルミブロックの新開発 エンジンを搭載。 4輪それぞれの駆動力、旋回力、制動力を 電子制御で最適にコントロールする。 その走りに、目を奪われる者と 全く関心のない者。 ランエボへの反応は、余りに明確だ。 その理由を、どう読み解く?

詳細

第16話

54ポイント 購入する

第16話

54ポイント 2日間 19:00

シボレー・カマロ、SS、RS。 2009年、ようやく販売にこぎつけた 5代目カマロ。 上位モデルは6・2リッターV8の、 ビッグユニットを搭載。 甦ったアメリカン・ドリーム、 一体どんな夢を、みさせてくれる? V8ユニットは、最高出力405馬力。 強烈なコーナリングGを受け止めるのは、 マルチリンク・リアサスペンション。 V8には更に、リミテッドスリップデフ、 4ピストン・ハイパフォーマンスブレーキが 装備される。 そして甦る栄光の時、 羨望の記憶。 初代、シボレー・カマロ、SS。 1967年、 のちに星条旗の誇りを纏う1台が、 この世に生を受けた。 生産年数、わずか3年。 これぞ幻のモンスター。

詳細

第17話

54ポイント 購入する

第17話

54ポイント 2日間 19:00

あなたには特別なモノがありますか。 有り触れた光景の中に、 当たり前のように存在し続けること。 それって実は、 凄い事なのかも知れない。 誕生から20年を超えて尚、 成熟度を増す最上級のスバルは、 2009年日本カーオブザイヤー、 ベストバリュー賞を受賞。 スポーツセダンでありながら、 今や堂々たるフラッグシップ。 その走りと乗り心地やいかに。

詳細

第18話

54ポイント 購入する

第18話

54ポイント 2日間 19:00

迷走するニッポン・クルマ社会。 だが溢れかえった道路にも、 受け入れられるクルマがある。 ミドルセダンの雄、 マークIIから数えて10代目で与えられた 新たなネーミングが、また進化。 発売1カ月でのセールスは、 なんと目標の4倍を記録。 このご時世に、 堂々「勝ち組」に名乗りを上げた1台。 これが日本人の、求めるクルマか。

詳細

第19話

54ポイント 購入する

第19話

54ポイント 2日間 19:00

例えば、極寒のこの世の果て。 閉ざされたケージの向こうに、 願いの叶う扉があるならば、 こんなクルマを、用意してくれないか。 一度味わってみたいんだ、 大人の遊び心ってやつを。 夢のイタリア車の中でも、 特殊な位置に存在するマセラティ。 昨年、最強のスポーツクーペに追加された のは、トルコンATモデル。 目指したのは上質な大人のクーペだが… 果たしてその乗り味は。

詳細

第20話

54ポイント 購入する

第20話

54ポイント 2日間 19:00

氷雨が降り続く長い冬。 キリギリスはもちろん蟻までもが 日々の飢えを凌ぎながら、 明るい未来を模索する。 そして導かれた一つの答え… 「家族のポルシェ」って…一体なんだ? 遂に登場した、ポルシェ初の フル4シーターセダン。 そのトップモデルに君臨する パナメーラ・ターボ。 最大の特徴であり存在理由は 充分な居住性が与えられたリアシート。 V8ターボは最高出力500馬力。 家族のポルシェは、時速300キロを 実現する。

詳細

第21話

54ポイント 購入する

第21話

54ポイント 2日間 19:00

空虚な現実よりも、実りある夢の世界へ。 いや・・・これは単なる夢じゃない。 レビン トレノシリーズから継承された ハチロクのネーミング… 往年のファンは勿論、クルマ好きの間で 最も市販化が待たれるFRスポーツを 今夜はひと足早く体感。

詳細

第22話

54ポイント 購入する

第22話

54ポイント 2日間 19:00

壁を越えてみたいと、思わないか。 向こう側の世界を、見たくはないか。 突き抜けられるぜ、 このクルマなら。 往年の名チューナー、ジョン・クーパーの 名を冠した「最強のミニ」。 車重1210キロに対し、 211馬力を発生するパワーユニットを搭載。 オールド・クーパーはヤンチャ坊主とも 云われたが、それもまた、このモデルの 魅力に他ならない。

詳細

第23話

54ポイント 購入する

第23話

54ポイント 2日間 19:00

その撮影許可が下りたのは まだ雪深い頃。 そのクルマの姿を一般人に晒す事は 「絶対厳禁」と云い渡されていた。 物々しいカーコンテナの扉を 1人の老職人がゆっくりと開けた。 慎重且つ丁寧なその仕事は、 まるで我が子を送り出すかのよう。 小さな「鼓動」が聞こえた。 トラックのアイドリングにかき消され、 そのエンジン音は余りに微か。 だがエキゾーストパイプからは確かに 白い息が零れていた。 そうだ、君を待っていたんだ。 やっと会えたね。 ホンダが手塩に懸けたニューモーデルは ひと足早くアンダーステアに届いた。 でもいいのかな? いつものようにギャンギャンやって。 環境に優しいんだよ。 ピカピカの新車だよ。 だけどこのクルマはきっと ギンギンに走りたがってる。 最先端の環境テクノロジーで 武装しながら かつてのコンパクト・スポーツをイメージ させるネーミング。 期待しない訳にはいかない。 では、いつものように・・・ やっちゃいますか。 ホンダがこの春、自信をもって送り出した CR-Zは、リッターあたり25キロという 低燃費と爽快な走りを両立させたCR-Z。 そのネーミングが連想させるのは、 かつてのコンパクト・スポーツである事は 間違いない。

詳細

第24話

54ポイント 購入する

第24話

54ポイント 2日間 19:00

飽食の時代。 消費された、あまたの骸(むくろ)。 でも時代に消費されているのはモノじゃ なく、 自分たちじゃないのか。 エリーゼ以来、実に13年振りの完全新設計 であるロータス・エヴォーラは、 280馬力を発生する3・5リッターエン ジン搭載の上級スポーツカー。 しかし過去の拡大路線の失敗を教訓に、 極端な大型化は避けられ、 走りと快適性の両立を図っている。 車名は世界遺産に指定される、 ポルトガル「エヴォラ歴史地区」に由来。 1350キロのボディに、ビッグパワーを 供給するV6ユニットはトヨタ製である。 由緒正しきロータスの血筋… 果たして今も息づいているか。

詳細

第25話

54ポイント 購入する

第25話

54ポイント 2日間 19:00

1886年、ドイツのベンツが、 三輪自動車を発明して以来、 人々が追い続けた「夢のクルマ」。 現在、自動車の数は、 世界におよそ10億台。 「夢のクルマ」は、どこにある… DMC―12。 通称デロリアン。 当時世界最大の自動車会社 GMの副社長であったジョン・デロリアンが その職を捨ててまで追い求めた夢のクルマである。 メンテナンスフリーを目指し ボディは無塗装のオールステンレス。 さらにガルウィングなどヨーロッパ的なデザイン。 いわゆる「アメ車」とは一線をかくしていた 1人の男が、人生を投げ打って作った 夢のクルマ… のちにタイムマシーンになると、 一体誰が予想したか。

詳細

第26話

54ポイント 購入する

第26話

54ポイント 2日間 19:00

売れない俳優の木田ほづみは、白昼、金属バットで殴られ大怪我を負った。命に別状はなかったものの、当時の記憶が欠落し自分を襲った相手がどんな人物なのかも分からない。言いしれぬ恐怖感と焦燥感に駆られ仕事も手につかなくなったほづみは、自ら真相を突き止めようと6人の目撃者に会うことを決意するも、これといった情報を得ることは出来なかった。益々募る恐怖感と焦燥感に苛まれるほづみ。そんな彼を支えていたのは、恋人の亜希だった。だが、彼の心の苛立ちは彼女をしても止めることが出来なくなっていく。ある日、6人目の目撃者・双美がほづみの前に現れた。人の心の叫びを聞くことの出来る不思議な力を持つ彼女と会い、再び事件現場を訪れたほづみ。しかし、彼はそこに蹲ってしまう。「何が真相がなのか分からない」。そんな彼を亜希が優しく包み込む。最後に彼を救えるのは、彼女の愛だけなのかもしれない。

詳細

キャスト

製作年 2009年 製作国   日本

これもチェック

 アンダーステアを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001