憧れるのになぜ、日本でフランス車は売れないんだ? 奇妙奇天烈、摩訶不思議。 今日の俺は、フランス車を愛す。 シトロエンC6、2・7リッター。 ディーゼルターボは、正規ではまだ日本未導入。 ディーゼルはヨーロッパでは主流なのに。 貸してくれたジャベルのオーナー、有難う。 今回俺がやってきたのは車山高原、日本最大のフランス車の祭典。 その名も「フレンチブルーミーティング」。 自動車のオーナー集会は幾つもあるが、フランス車なら何でもOKという変わったイベント。 もう20年以上も続いているそうだが …おいおい、なんだこの数! 東京モーターショーより多いんじゃねえか? クリア 単なる優等生なんて、思われたくない。 だからと言って、ドロップアウトした奴らにも負けたくない。 …そういうもんだろ、男って奴は。 傾いていく太陽。 それは次なる朝への序章。 移ろいゆくこの時代に、お前はなぜ産み落とされた。 GTI。 大衆車を変革した、その歴史的称号は今の時代に、一体何をもたらすというのか。 2009年インポートカーオブザイヤーを受賞した、6代目ゴルフのホットハッチ。 2リッター直4ターボは最高出力211馬力。 定評の高い6速DSGとの組み合わせで価格は366万円。 そのコストパフォーマンスたるや、恐るべし。 クリア

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001