その撮影許可が下りたのは まだ雪深い頃。 そのクルマの姿を一般人に晒す事は 「絶対厳禁」と云い渡されていた。 物々しいカーコンテナの扉を 1人の老職人がゆっくりと開けた。 慎重且つ丁寧なその仕事は、 まるで我が子を送り出すかのよう。 小さな「鼓動」が聞こえた。 トラックのアイドリングにかき消され、 そのエンジン音は余りに微か。 だがエキゾーストパイプからは確かに 白い息が零れていた。 そうだ、君を待っていたんだ。 やっと会えたね。 ホンダが手塩に懸けたニューモーデルは ひと足早くアンダーステアに届いた。 でもいいのかな? いつものようにギャンギャンやって。 環境に優しいんだよ。 ピカピカの新車だよ。 だけどこのクルマはきっと ギンギンに走りたがってる。 最先端の環境テクノロジーで 武装しながら かつてのコンパクト・スポーツをイメージ させるネーミング。 期待しない訳にはいかない。 では、いつものように・・・ やっちゃいますか。 ホンダがこの春、自信をもって送り出した CR-Zは、リッターあたり25キロという 低燃費と爽快な走りを両立させたCR-Z。 そのネーミングが連想させるのは、 かつてのコンパクト・スポーツである事は 間違いない。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001