妻・留美の殺害の容疑をかけられた夫・菅野圭一は、取調べの中で、自分たち夫婦に起きた恐ろしい体験を語り始めた。
妊娠が判明し、幸せの絶頂にあった圭一と留美は、アウトレットで老婆から小さな青い壜を購入した。二人の幸せの記念品にするのだが、それから留美の身に奇妙なことが起き始めた。
睡眠中、留美が突然起き上がって壁を蹴ったり、圭一に襲い掛かるなど、奇怪な行動を取り始めたのだ。
専門家からは『レム睡眠行動障害』と診断されたが、奇行はさらにエスカレート。留美の体に覚えのない手術痕が浮かび上がったり、別人としか思えない声で叫んだりするようになった。
身重の留美の体を心配した圭一は、必死で治療法を模索するが、ついには、自分自身までレム睡眠行動障害となり、留美に対して取り返しのつかない行為に及んでしまう。
不幸のどん底に叩き落された二人は、青い壜が原因ではないかと疑い始める。だが、その壜には、二人の想像を遥かに超えた、人間の怨念が詰まっていた・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001