西部劇に出てきそうな、どこか懐かしい小さな町の一角にスケアクロウズ・ショップはあり、その中で誰かが人形を作っています。彼の名はスケアクロウマン。麦畑に案山子として20年間も立ち続けていたのです。20年目の秋、突然農夫がやってきて、納屋へと案山子を連れていきました。新しい案山子と交換されたのです。そしてある嵐の夜・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001