750年の石国(せきこく)、ラモーンたちが雪達磨大師像になる宝石を探していると、唐の将軍・高仙芝(こうせんし)が攻めて来た。だが、バーニーの作戦で高仙芝は石国の王を捕り逃してしまう。その結果、翌751年に「タラスの戦い」が起こらなくなってしまうと分かる。変わってしまった歴史を戻すために、製紙法を西方に伝えなければならない。タラス川の近く、天山山脈の山中にある紙すき工房に弟子入りする一同。そこでラモーンは、紙すき工・美雲(メイユン)に恋をし、ユートは「空を飛ぶ道具」の発明を志す青年・天照と知り合う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001