宮田の姿を思い、あきらめず立ち上がる一歩。間柴には負傷した右拳を温存していては勝てないと確信する。会長からのストップも聞かず既に感覚を失いつつあった右拳にすべてをかけた。ボディを打たれ左肘が上がらない間柴は執拗な一歩の攻撃にクリンチをした。粘り強いクリンチを徐々に引き離す一歩。間柴の体が一歩から剥がれたその時激しい間柴へのパンチが炸裂。マットに間柴の体が沈んだ。東日本新人王は一歩が獲得し、そして最優秀新人賞にも選ばれた。そんな一歩を見て胸踊る気持ちでいるボクサーがいた。千堂だった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001