沖田もコークスクリューを放った。沖田の姿は伊達にそっくりで一歩を翻弄する。千堂ほどのパワーは無いと懐に飛び込む一歩であったが沖田のパンチは右が来るのか左が来るのか分からず、一歩は本来の自分のスタイルを見失っていた。沖田のジャブが決まり一歩の顔は徐々に変形していく。沖田のコークスクリューが一歩を狙った瞬間一歩はこの時を待って右アッパーを沖田に打ちこむ。倒れる沖田は負ける事は伊達を否定される事のように思い執念でたちあがる。一歩の容赦無い攻撃に既に沖田は執念だけで戦っていた。それも力尽きついに沖田はマットに沈んだ。一歩は一気にランキング5位に登りつめた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001