母のかわりに釣り舟屋をきりもりする一歩。母の仕事のきつさを改めて痛感しこのまま自分だけボクシングを続けていくわけにはいかないと考え始めていた。鴨川ジムの皆も一歩の動向が気になってしょうがない。試合の事よりもこのまま一歩がボクシングを辞めてしまうのでないかと。迷いに迷いボクシングを諦めようとする一歩のところにいきなり梅沢が尋ねてきた。漫画家を目指し釣り舟屋で働くと言う。予想よりもきつい仕事に一歩は梅沢がすぐ辞めるだろうと思っていた。ところが翌日も梅沢は手伝いに来て、一歩にリングに戻るように伝える。一歩は梅沢のおかげで鴨川ジムに戻った。リングに立った一歩は「帰ってこれた」と涙を流す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001