千堂はいきなりのデンプシー攻撃にマットに倒れる。しかし足腰を強靭に鍛えてきた体の回復力は恐ろしく早く、一歩への猛攻撃に出る。リングの中央で激しく打ち合う2人。まるでどちらのパンチが威力があるのか比較しているかのように。千堂、一歩コールで沸き立つ後楽園ホールではその均衡がついに破られつつあった。一歩と千堂には決定的な違いがあり、一歩の方が不利だと鷹村は語る。千堂との体格の差に徐々にコーナーに追い詰められる一歩。そして千堂からのパンチに一歩は初めてリングの上で恐怖を強く感じていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001